1. 無料アクセス解析







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

携帯アフィリ・2月(10年)、ド田舎の老人医療費対策 

特に生活習慣病対策

ネットの世界では田舎だって都会だってそう大した違いなんて無いだろうと、都会に居た頃は思っていた。

だから田舎こそネットで稼がねばならぬとしんじていた。

しかし案外そうでもないことが来てみると実感させられることとなった。

先ず回線のもんだいである、都会が光ファイバーの時だってこちらは未だにADSL。

プロバイダーも限られていてNTT系だけ、選択肢が全く持ってない。

だからTVなんかで宣伝してい足り、ネットで見つけたからといって、問い合わせてもサービスエリアでないと一言でおしまい。


都会と違って田舎は医療という面でも甚だしく見劣りがする。

その分素晴らしい環境の下、病気に成らなければそれでチャラなんだがそうはうまくいかない。

公害病なんてあまり聞かない、大体道だって少ないから排気ガスが充満なんて事はない。

若い者が都会へ行き年寄りばかりが田舎に取り残されると、俄然老人病が目立つ。

働ける人間にくらべて、老人病患うものが突出し、収入に比べて医療費高騰が目立つ。

国保すさみ病院


今年から小学校のプール借りて生活習慣病や生活習慣病予備軍対策で、水泳教室のスタートを計画した。

いずれは温水プールに繋がればとの思いもある。

その前に年末検査に行ったら、当方がバリバリの糖尿病を指摘された。

それで「これ幸い」と自身で見本似なれると、今年の正月明けの5日より、水泳使っての運動療法で糖尿退治スタートさせた。

どうも盲蛇に怖じずで、ど田舎の医療体制の整備より、病気にならぬとか、なっても医療費軽減の方法見つけることにかけたわけだ。

日本国中いたるところ対象の地が存在するゆえ、とうちばかりではない。

ボランティア精神発露して何とかなんて考えている。

それで別ブログにアップしている記事をこちらでも転載することにした訳である。

糖尿退治の水泳練習の過程や、小学校の水泳授業のボランティア活動なども書き込んでいるので、下記ブログに跳んでみていただければ幸甚である。




学校水泳応援団、96、生活習慣病と水泳・18 (http://suiei.blog.shinobi.jp/)

検査・3

2月5日は糖尿の検査日である。

永らく医者通いしていなくて、来年の水泳指導までに一度からだのオーバーフォールもあって、町で唯一の国保の小さな病院に行った。

それが昨年の暮れの25日で1回目の検査を受けた。

体重69キロ(服の分引けば67.6キロ)

血圧198血糖値200以上で200丁度だったかそれ以上だったかはっきりしない。

ヘモグロビンA1c9.7

ということでバリバリの糖尿といわれた記憶がある。

それでその翌日外来の専門医が来るとの事で再度来院して検査してもらってほしいということに成った。

そして前日やったばかりの血液の検査と追加の検査が心電図とレントゲン、其れと尿の検査。

これが2回目の検査である。

連日同じ検査やらされてトンだ出費である。

その数値を逐一聞いたわけではないが、どうせ昨日の今日そう違った数字も出なかったろう。

詳しい話が聞けたわけではないが、とにかく普通なら入院しても良い数値らしいことは分った。

この数字がもっと急激に来ているようならとても起きて居れる事は無いとのこと。

とりあえず治療にかかるということだが薬で抑えるのか、インシュリンの注射に入るのかを聞く前にこちらの主張を先にすることにした。

そのためその若い女医さん何をしようとしていたのか聞き漏らした。

血糖値がわるいのはうすうす分るし、血圧も理解できるがヘモグロビン何たらなんて全く分らぬ。

只いままで倒れもせず、毎朝犬の散歩でき、畑もやっているわけだから、治療のスタートあわててすぐにしなくとも大事無かろう。

とりあえず一月、食事療法と運動療法でやってみたい、勿論何をするべきか分って言ったわけではない。。

副作用なき薬など聞いたことも無いゆえ、薬など使わず直したかっただけで、様子見しましょうということで手を打った。

それで常人ではチト無理な水泳の練習、自分に科したわけである。

そのお陰で、これだけ泳げれば数値如何様なりとも、体のほうは健康体と確信できることになったわけである。

測ってもらった数値、体重64.2キロ、血圧172-83、血糖値264、ヘモグロビンA1c8.2.

体重、内臓脂肪計り乍減らしてきたし、前日の血圧は10以上低かった。

ヘモグロビンA1cも9.7から8.2と減少、この調子で下がればもう少しで安全圏に近づこう。

一つ気に入らぬは血糖値である。

只これはあまり今回問題にされず、むしろ血圧のほうで160以上あるということは血管に問題が起こりやすいので薬で下げたいということであった。

当方にすれば当初198あったのが昨日151-71,161-82と順調に、多少上がり下がりがあるとはいえ全体的には減少していることを話してことわった。

ということで次回4回目の検査3月5日に予定ということとなった。

次には確実に血圧下げておこう。

勿論血糖値だって同じことである、尤も今のところ何が効果的か分っているわけではないが。

運動だけではすみそうも無いことだけは考えざるを得ない。









スポンサーサイト
[ 2010/02/15 15:08 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onchi1.blog43.fc2.com/tb.php/48-8cad2cd1











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。